日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都足立区


千住ザ・タワー(千住一丁目地区第一種市街地再開発事業)


千住一丁目地区市街地再開発組合、三菱地所レジデンス、三菱倉庫、杉本興業は、東京都足立区の北千住駅近くに地上30階、地下1階、高さ110m、延べ面積24,300の再開発ビルを新設します。 施設は住宅「千住ザ・タワー」(184戸)、店舗、事務所、子育て支援施設などで構成。 設計は梓設計、施工はフジタ。 2020年12月下旬に竣工し、2021年2月下旬に入居が始まる予定です。



完成イメージ

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

[2017年11月20日付ニュースリリース(PDF)より引用]

1~2階に店舗、事務所、子育て支援施設、多目的室、3階に自転車置場、4~30階に住戸を配置しています。 マンションは2019年3月上旬に販売を開始する予定です。



配置図

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

[東京都HPより引用]

足立区に高さ100m以上の建物が初めて誕生します。



概要

事業名千住一丁目地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都足立区千住一丁目72番地 他(地番)
最寄駅JR、東京メトロ、東武、つくばエクスプレス「北千住」駅 徒歩3分
建築主千住一丁目地区市街地再開発組合
設 計株式会社梓設計
施 工株式会社フジタ
用 途住宅(184戸)、店舗、保育所、駐車場、駐輪場
敷地面積3,419㎡(施工区域:約5,000㎡)
建築面積2,300㎡
延床面積24,300㎡
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(制震構造)
階 数地上30階、地下1階
高 さ110m
着 工2017年11月(2016年12月:既存施設の解体工事着手)
竣 工2020年12月下旬予定
入 居2021年2月下旬予定
備 考 ◆施工区域:約5,000㎡
◆地権者:スギモトホールディングス、第一生命保険、東京都財務局など計5者
◆参加組合員:三菱地所レジデンス、三菱倉庫
◆総合コンサルタント:梓設計

<住宅部分>
・名称:千住ザ・タワー
・売主:三菱地所レジデンス、三菱倉庫、杉本興業
・販売会社:三菱地所レジデンス<売主・販売提携(代理)>
・総戸数:184戸(事業協力者住戸5戸含む)ほかに店舗、事務所、子育て支援施設等
・間取り:1R~3LDK
・専有面積:25.20㎡~110.24㎡
・駐車場:機械式40台(住宅用)ほかに24台(店舗用)

◆2017年11月20日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2018年8月19日

[航空写真はこちら] [公式HPはこちら]



地図

建設地最寄りの北千住駅は、JR常磐線、東京メトロ日比谷線・千代田線、東武スカイツリーライン、つくばエクスプレスが乗り入れる東京北東部のターミナル駅です。



2018年8月撮影

千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

2018年8月14日撮影。今回は北千住駅より線路沿いに進みました。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

数分で建設地北東側に到着。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

南東側から。現地の作業工程によれば山留工事や土工事が進められています。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

南西側から。建設地西側は本町センター通り商店街(千住ほんちょう商店街)。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

北西側から。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

ほぼ同じ位置から見た完成イメージ。建物周辺には広場状のオープンスペースが設けられます。(ニュースリリースより引用)




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

その右手。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

左手。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

そのさらに左手。




千住一丁目地区第一種市街地再開発事業

前回撮影時に2017年4月1日~2019年9月30日だった工期が、2017年11月1日~2021年2月28日に変更されていました。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る