日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX熊本県熊本市


桜町地区第一種市街地再開発事業


熊本桜町再開発(株)は、熊本市中央区の熊本交通センターなどの跡地に地上15階、地下1階、高さ59.88m、延べ面積16万2240㎡の大規模複合施設を整備します。 用途はバスターミナル、商業(物販・飲食)、シネコン、ホテル、バンケット、公益施設(熊本城ホール)、共同住宅、保育所、事務所、駐車場。 設計は日建・太宏JV、施工は大成・吉永・岩永・三津野・新規JV。 2019年9月に開業する予定です。(熊本城ホールは同12月開業)



桜町地区第一種市街地再開発事業

2019年2月17日撮影



完成イメージ

桜町地区第一種市街地再開発事業

[公式HPより引用]

バスターミナル(29バース)、商業施設(約150店舗)、シネマコンプレックス(9スクリーン)、保育所、分譲マンション(159戸)、ホテル(205室)、熊本城ホール(固定席約2,300席)、結婚式場、事務所、駐車場(830台)で構成しています。



施設イメージ

桜町地区第一種市街地再開発事業

[公式HPより引用]

全施設の中で15階建ての住宅・ホテル棟がもっとも高層です。 住宅・ホテル棟東~南側の4~15階にマンション、北側の2階および4~14階にホテルを配置しています。


マンションは、マリモが「ザ・熊本ガーデンズ」の名称で分譲しました。 販売会社(代理)は三井不動産リアルティ九州。 入居総戸数159戸(非分譲3戸)、間取りは1~4LDK、専有面積は47㎡~164㎡。 価格は2,640万円(1LDK・47㎡)~1億6,200万円(4LDK・164㎡)、最多販売価格帯は4,800万円台。 完成予定は2019年7月末、引渡し予定日は同年9月末です。 最高倍率15倍で即日完売しています。


ホテルは、リゾートトラストが運営する「ホテルトラスティプレミア熊本」が進出します。 客室は全205室。 内訳は、ダブル100室(17.3㎡) 、ツイン103室(23.8~29.3㎡)、スイート2室(55.2~52.7㎡)です。 付帯施設としてカフェラウンジ、鉄板焼レストラン、ファンクションルームが設けられます。


商業施設には約150店舗が出店する予定です。 シネマコンプレックス「TOHOシネマズ熊本(仮称)」が9スクリーン、約1,600席の規模で入居します。 保育所「IQキッズ保育園(仮称)」も設置されます。


ゲストハウス「LAZOR GARDEN KUMAMOTO」(ラ ソールガーデン熊本)には177名を収容する天井高6.2mのチャペルと、最大140名収容および最大180名収容の2つのバンケットが用意されます。


「熊本城ホール」は熊本市が所有・運営します。 約2,300席のメインホール、シビックホール(多目的ホール)、イベント・展示ホール、会議室(大小19室)を備えます。



立面図

桜町地区第一種市街地再開発事業

現地で2019年2月17日撮影。上が北側立面図、下が東側立面図です。写真クリックで拡大画像を表示。



概要

事業名熊本都市計画 桜町地区第一種市街地再開発事業
所在地熊本県熊本市中央区桜町3番13、14
交 通熊本交通センターバスターミナル直結
JR「熊本」駅より車で約10分
熊本市電「花畑町」電停 徒歩3分
熊本市電「辛島町」電停 徒歩2分
建築主熊本桜町再開発株式会社
設計・監理 日建・太宏共同企業体
(株式会社日建設計九州オフィス/株式会社太宏設計事務所)
施 工 大成・吉永・岩永・三津野・新規 建設共同企業体
(大成建設株式会社九州支店/株式会社吉永産業/株式会社岩永組/株式会社三津野建設/新規建設株式会社)
用 途 バスターミナル、商業(物販・飲食)、シネコン、ホテル、バンケット、公益施設(熊本城ホール)、共同住宅、保育所、事務所、駐車場
敷地面積30,266.83㎡
建築面積27,050㎡
延床面積162,240㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法杭基礎
階 数地上15階、地下1階(住宅・ホテル棟:地上15階/商業棟:地上5階、地下1階)
高 さ59.88m (建築物最高高さ)
着 工2017年1月初旬
竣 工2019年夏季予定
開 業2019年9月予定/熊本城ホール:2019年12月予定
備 考 施行区域面積………………約3.7ha
事業コンサルタント………株式会社日建設計
商業運営会社………………九州産交ランドマーク株式会社
住宅保留床取得者…………株式会社マリモ
ホテル運営…………………リゾートトラスト株式会社
シネコン運営………………TOHOシネマズ株式会社
熊本城ホール………………熊本市が約283億円で購入

最終更新日:2019年2月21日

[公式HPはこちら]



地図

建設地は熊本市中心部です。



2019年2月撮影

桜町地区第一種市街地再開発事業

2019年2月17日撮影。熊本市中心部にある「サンロード新市街」。広々としています。




桜町地区第一種市街地再開発事業

辛島(からしま)公園側の新市街アーケード入口。




桜町地区第一種市街地再開発事業

その右手。熊本市電の辛島町電停です。




桜町地区第一種市街地再開発事業

振り返ると大規模な工事現場があります。桜町地区第一種市街地再開発事業の施工地です。




桜町地区第一種市街地再開発事業

住宅・ホテル棟。159戸の分譲マンション「ザ・熊本ガーデンズ」と205室の「ホテルトラスティプレミア熊本」が一体化した施設です。




桜町地区第一種市街地再開発事業

その右手。5階建ての商業施設。内部に29バースを持つ「熊本桜町バスターミナル」が設けられます。




桜町地区第一種市街地再開発事業

辛島公園。




桜町地区第一種市街地再開発事業

辛島公園側(南東)から見た住宅・ホテル棟。




桜町地区第一種市街地再開発事業

マンションは東~南向き、ホテルは北向きとなります。




桜町地区第一種市街地再開発事業

南東側から見上げました




桜町地区第一種市街地再開発事業

その右手の様子。




桜町地区第一種市街地再開発事業

「ザ・熊本ガーデンズ」は即日完売しています。写真クリックで拡大画像を表示。




桜町地区第一種市街地再開発事業

写真クリックで拡大画像を表示。




桜町地区第一種市街地再開発事業

南側から見た住宅・ホテル棟。こちら側はマンションです。




桜町地区第一種市街地再開発事業

その右手。




桜町地区第一種市街地再開発事業

左手。左側は熊本城ホールです。




桜町地区第一種市街地再開発事業

南西側から見た熊本城ホール。




桜町地区第一種市街地再開発事業

熊本市が所有・運営する熊本城ホールは、約2,300席のメインホールをはじめ、シビックホール(多目的ホール)、イベント・展示ホール、会議室(19室)で構成します。




桜町地区第一種市街地再開発事業

西側から見た熊本城ホール。




桜町地区第一種市街地再開発事業

北西側から見た熊本城ホール。




桜町地区第一種市街地再開発事業

その北側にはバンケット・事務所(左)と自走式立体駐車場が建設中です。




桜町地区第一種市街地再開発事業

北西側から。




桜町地区第一種市街地再開発事業

北側から見たバンケット・事務所。 結婚式場「LAZOR GARDEN KUMAMOTO」(ラ ソールガーデン熊本)及び損害保険ジャパン日本興亜(株)と(株)リブワークが入居します。




桜町地区第一種市街地再開発事業

設計者(左)と施工者。




桜町地区第一種市街地再開発事業

施工者詳細。




桜町地区第一種市街地再開発事業

作業予定。




桜町地区第一種市街地再開発事業

その場所にあったサイン看板。写真クリックで拡大画像を表示。




桜町地区第一種市街地再開発事業

地図部分を拡大。写真クリックで拡大画像を表示。




桜町地区第一種市街地再開発事業

北東側から見たバンケット・事務所。




桜町地区第一種市街地再開発事業

北東側から見た商業棟。約150店舗の商業施設やシネコン「TOHOシネマズ熊本(仮称)」のほか、保育所「IQキッズ保育園(仮称)」も設置されます。




桜町地区第一種市街地再開発事業

そのあたりから2016年4月の熊本地震で被災した熊本城が見えました。




桜町地区第一種市街地再開発事業

東側から。2019年12月に開業する熊本城ホール以外は2019年9月に開業する予定です。




桜町地区第一種市街地再開発事業の建築計画のお知らせ

ホテル等建築予定のお知らせ。高さは59.88m。写真クリックで拡大画像を表示。




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る