日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


オークラ東京(The Okura Tokyo)
オークラ プレステージタワー/オークラ ヘリテージウイング


ホテルオークラは東京都港区虎ノ門2丁目のホテルオークラ東京本館跡地に下記の施設を建設しています。

オークラ プレステージタワー:地上41階、地下1階、高さ188.65m、約153,000㎡
オークラ ヘリテージウイング:地上17階、地下1階、高さ約75m、約27,000㎡

ホテル名は「ホテルオークラ東京」から「オークラ東京」(The Okura Tokyo)に改称し「オークラ プレステージ」及び「オークラ ヘリテージ」の両ブランドを一体的に運営します。 オークラ プレステージタワーの8~25階はオフィスフロアになります。 設計は大成建設・谷口建築設計研究所・観光企画設計・日本設計・森村設計・NTTファシリティーズJV、施工は大成建設。 2019年6月に完成し、同9月上旬に開業する予定です。

ホテルオークラ2018年6月25日付ニュースリリース(PDF)は→こちら



完成イメージ

ホテルオークラ東京 本館建替計画

COPYRIGHT 2018 TANIGUCHI and ASSOCIATES ALL RIGHTS RESERVED



オークラ プレステージタワー

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2018年5月27日撮影。 地上41階、地下1階、高さ188.65m。 28~40階に配置する客室368室(標準客室面積約50㎡)のうちスイートルームは10室。 39・40階には日本最大の広さを誇るメゾネットタイプの「インペリアルスイート」(720㎡)が設けられます。 付帯施設としてレストラン3、バー2、大宴会場2室、中宴会場6室、小宴会場12室、婚礼施設(チャペル2、神殿1)、クラブラウンジ、フィットネス&スパ、プール、オークラサロン、デリカテッセン、囲碁サロン、ショッピングエリアが整備されます。

8階~25階は、延べ面積約64,000㎡、基準階貸室面積約2,300㎡のオフィスフロアです。 8階にはテナント専用ラウンジを設置。 オフィス部分はホテルオークラ、新日鉄興和不動産、大成建設等が出資する特別目的会社の所有となります。




オークラ ヘリテージウイング

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2018年5月27日撮影。 地上17階、地下1階、高さ約75m。 6~17階に配置する140室(標準客室面積約60㎡)の客室のうちスイートルームは7室です。 最上階の17階には広さ256㎡の和を基調とした「プレジデンシャルスイート」を設置。 隣接する客室と接続すると約320㎡の広さの客室になります。 付帯施設としてレストラン2、バー1、茶室が設けられます。



概要

ホテル名英語名:The Okura Tokyo、日本語名:オークラ東京
棟 名高層棟:オークラ プレステージタワー、中層棟:オークラ ヘリテージウイング
計画名ホテルオークラ東京本館建替計画、(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地東京都港区虎ノ門二丁目103番1号外(地番)
最寄駅東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅
建築主ホテルオークラ
CM・監理三菱地所設計
設 計虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設、谷口建築設計研究所、観光企画設計、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ)
施 工大成建設
用 途ホテル、オフィス、飲食店舗、駐車場
敷地面積20,442.44㎡
建築面積13,262.54㎡
延床面積180,096.52㎡
構 造地上:鉄骨造
地下:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
高 さオークラ プレステージタワー:188.65m
オークラ ヘリテージウイング:約75m
階 数建築基準法上:地上38階、地下4階
オークラ プレステージタワー(運用呼称)地上41階、地下1階
オークラ ヘリテージウイング(運用呼称)地上17階、地下1階
着 工2016年6月1日
竣 工2019年6月28日迄(予定)
開 業2019年9月上旬(予定)
備 考 ・2015年8月末日:旧本館閉館
・2015年9月1日:解体工事開始

※階数についてはニュースリリースの運用呼称に統一しています。

情報更新日:2018年6月26日

[航空写真はこちら]

◆ホテルオークラ2016年6月1日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆大成建設2016年6月1日付ニュースリリースは→こちら



地図



2018年5月撮影

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2018年5月27日撮影。北側から見ています。だいぶ建ち上がってきました。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

高層棟。地上41階、地下1階。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

中層棟。地上17階、地下1階。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

建設地東側に移動しました。ここには急な坂があります。江戸見坂です。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

江戸見坂から見た高層棟。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

建設地南側付近で「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー」(地上38階・高さ179.95m)の工事現場が見える場所があります。近い将来、ここは道路となり桜田通りと直に結ばれる予定です。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

南側から見た高層棟。8階~25階のオフィス部分はガラスの取り付けも終わっています。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

西側から見た中層棟と高層棟。一見すると最近よく見る全面ガラス張りのオフィスビルです。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

高層棟。高いところでは39階くらいまで建ち上がっています。もう少し高くなります。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

中層棟。16という数字が見えます。こちらは塔屋部分まで建ち上がっているようです。完成イメージや概要図を見ると、どちらの棟も塔屋部分もガラスで囲まれるようですね。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その左手。(仮称)大倉集古館改修・増築工事も施工中です。工期は2019年6月30日まで。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

「ホテルオークラ東京別館」は営業中です。地上13階、地下4階、高さ57m、客室381室。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

別館付近から見た高層棟。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その右手。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その上空。高層棟と「虎ノ門タワーズ オフィス」(地上23階・高さ112.4m)。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

高くなったのでいろいろな場所から見えるようになりました。写真は「東京ワールドゲート 虎ノ門トラストタワー建設地」付近から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

「気象庁虎ノ門庁舎(仮称)・港区立教育センター建設地」付近から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

「虎ノ門ヒルズ森タワー」付近から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

前回撮影時と内容は同じです。工事完了予定は「2019年6月28日迄」です。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る