日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

ホテルオークラ東京本館建替計画/(仮称)虎ノ門2-10計画


ホテルオークラは、東京都港区虎ノ門2丁目の「ホテルオークラ東京本館」を地上38階、地下4階、高さ188.65mの高層棟と、地上13階、地下4階、高さ85mの中層棟に建て替えます。 設計は大成建設、谷口建築設計研究所、観光企画設計、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズJV。 施工は大成建設。 2019年6月に完成する予定です。



ホテルオークラ東京 本館建替計画

2016年9月25日撮影。新築工事と解体工事が同時に行なわれています。



完成イメージ

ホテルオークラ東京 本館建替計画

大成建設ニュースリリース(2016年6月1日付)より引用

高層棟は建築基準法上は「地上38階・地下4階」、運用呼称は「地上41階・地下1階」です。 5階~22階(運用呼称8階~25階)が賃貸オフィスになります。 新日鉄興和不動産と大成建設がオフィス事業全般を受託する予定です。 高層棟の他の階に400室の客室やレストランなどが設けられます。 中層棟には150室の客室が設置されます。

2015年8月末日で旧本館が閉館し、9月1日から解体工事を開始。 2016年6月1日に新築工事に着手しました。



概要

計画名ホテルオークラ東京本館建替計画
(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地東京都港区虎ノ門二丁目103番1号外(地番)
最寄駅東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅
東京メトロ日比谷線「神谷町」駅
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅
建築主ホテルオークラ
CM・監理三菱地所設計
設 計(仮称)虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設、谷口建築設計研究所、観光企画設計、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ)
施 工大成建設
用 途ホテル、オフィス、飲食店舗、駐車場
敷地面積20,442.44㎡
建築面積13,262.54㎡
延床面積180,096.52㎡
構 造地上:鉄骨造
地下:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
高 さ高層棟:188.65m
低層棟:85m
階 数高層棟:建築基準法上 地上38階、地下4階/運用呼称 地上41階、地下1階
中層棟:建築基準法上 地上13階、地下4階
解体工事第1期:2015年9月~2017年12月  第2期:2018年8月~11月
着 工2016年6月1日
竣 工2019年6月28日迄(予定)

情報更新日:2016年9月30日

[航空写真はこちら]



地図



2016年9月撮影

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2016年9月15日撮影。本館側から見た「ホテルオークラ東京別館」。地上13階、地下4階、高さ57m。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

新本館建設地を南側から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その左手の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

右手の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

南東側から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その左手の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

右手の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

覗き窓から。旧本館の地下解体工事と新本館の新築工事が同時に行われています。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

建設地東側にある「江戸見坂」付近の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

江戸見坂。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

建設地北側の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その右手の様子。建設中の「赤坂インターシティAIR」(地上38階・高さ205.08m)がよく見えます。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

覗き窓から見た建設地。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

2016年9月15日撮影。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。



《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る