日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


オークラ プレステージタワー/オークラ ヘリテージウイング
(オークラ東京)


ホテルオークラ(東京都港区)は東京都港区虎ノ門2丁目の「ホテルオークラ東京本館」跡地に、地上38階・地下4階(法令上)、高さ188.65m、延べ約180,000㎡の超高層複合ビルを整備します。(以下、階数は運用呼称)

◆オークラ プレステージタワー:地上41階・地下1階、高さ188.65m、延べ約153,000㎡
◆オークラ ヘリテージウイング:地上17階・地下1階、高さ約75m、延べ約27,000㎡

建て替えを機にホテル名は「ホテルオークラ東京」から「The Okura Tokyo」(オークラ東京)に改称します。 「オークラ プレステージタワー」はオフィス及びホテル「オークラ プレステージ」で構成。 「オークラ ヘリテージウイング」にはホテル「オークラ ヘリテージ」が入ります。 「オークラ東京」は2つのブランドを一体的に運営します。 全体の客室数は508室、うちスイートルームは17室。 設計は大成建設・谷口建築設計研究所・観光企画設計・日本設計・森村設計・NTTファシリティーズJV、施工は大成建設。 2019年9月12日に開業する予定です。



オークラ プレステージタワー

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2018年9月23日撮影。地上41階、地下1階、高さ188.65m。

ホテル名は「オークラ プレステージ」。 28~40階に配置する客室368室(標準客室面積約50㎡)のうちスイートルームは10室。 39~40階には日本最大の広さを誇るメゾネットタイプの「インペリアルスイート」(720㎡)が設けられます。 ホテル施設としてレストラン3店舗、バー2店舗、大宴会場2室、中宴会場6室、小宴会場12室、婚礼施設(チャペル2、神殿1)、クラブラウンジ、フィットネス&スパ、プールなどが整備されます。

8~25階は延べ面積約64,000㎡、基準階貸室面積約2,300㎡のオフィスフロアです。 8階にはテナント専用ラウンジを設置。 オフィス部分はホテルオークラ、新日鉄興和不動産、大成建設等が出資する特別目的会社の所有となります。



オークラ ヘリテージウイング

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2018年9月23日撮影。地上17階、地下1階、高さ約75m。

ホテル名は「オークラ ヘリテージ」。 6~17階に配置する140室(標準客室面積約60㎡)の客室のうちスイートルームは7室です。 最上階の17階には広さ256㎡の和を基調とした「プレジデンシャルスイート」を設置。 隣接する客室と接続すると約320㎡の広さの客室になります。 ホテル施設としてレストラン2店舗、バー1店舗、茶室が設けられます。



完成イメージ

ホテルオークラ東京 本館建替計画

COPYRIGHT 2018 TANIGUCHI and ASSOCIATES ALL RIGHTS RESERVED

西側から見ています。 左が「オークラ ヘリテージウイング」、中央が「オークラ プレステージタワー」、その手前が「大倉集古館」です。 その右側に、営業中の「ホテルオークラ東京 別館」が少しだけ見えています。



概要図

ホテルオークラ東京 本館建替計画

[ホテルHPより引用]

両棟とも正面エントランスロビーは5階に設けられます。 傾斜地に立つため階数は複雑ですね。 また、営業上の理由で「オークラ ヘリテージウイング」には13階が無いようです。



概要

ホテル名The Okura Tokyo(オークラ東京)
棟 名高層棟:オークラ プレステージタワー(ホテル名:オークラ プレステージ)
中層棟:オークラ ヘリテージウイング(ホテル名:オークラ ヘリテージ)
計画名ホテルオークラ東京本館建替計画/(仮称)虎ノ門2-10計画
所在地東京都港区虎ノ門二丁目103番1号外(地番)/東京都港区虎ノ門2-10-4(住居表示)
最寄駅東京メトロ銀座線「虎ノ門」駅 徒歩10分/東京メトロ日比谷線「神谷町」駅 徒歩15分
東京メトロ南北線「六本木一丁目」駅 徒歩15分
建築主株式会社ホテルオークラ
CM・監理三菱地所設計
設 計虎ノ門2-10計画設計共同体(大成建設、谷口建築設計研究所、観光企画設計、日本設計、森村設計、NTTファシリティーズ)
施 工大成建設
用 途ホテル(508室)、オフィス、飲食店舗、駐車場
敷地面積20,442.44㎡
建築面積13,262.54㎡
延床面積180,725.70㎡
構 造地上:鉄骨造
地下:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
高 さオークラ プレステージタワー:188.65m
オークラ ヘリテージウイング:約75m
階 数建築基準法上:地上38階、地下4階
オークラ プレステージタワー(運用呼称)地上41階、地下1階
オークラ ヘリテージウイング(運用呼称)地上17階、地下1階
着 工2016年6月1日
竣 工2019年6月28日迄(予定)
開 業2019年9月12日
備 考 ・2015年8月末日:旧本館閉館
・2015年9月1日:解体工事開始
◆ホテルオークラ2018年6月25日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆ホテルオークラ2016年6月1日付ニュースリリース(PDF)は→こちら
◆大成建設2016年6月1日付ニュースリリースは→こちら

情報更新日:2018年10月1日

[航空写真はこちら]



地図

東京メトロ日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」が暫定的に2020年東京オリンピック・パラリンピック開催前に供用開始となる予定です。 新駅の位置は虎ノ門二丁目交差点付近の桜田通り(国道1号線)の地下です。 新駅からホテルまでは徒歩4~5分でしょうか。 新駅は2022年度の最終完成を目指しています。



2018年9月撮影

ホテルオークラ東京 本館建替計画

2018年9月23日撮影。桜田通り(東側)から見た「オークラ プレステージタワー」。もうすぐ上棟でしょうか。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

東京メトロ日比谷線「虎ノ門新駅(仮称)」建設地の様子。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

「虎ノ門新駅(仮称)」付近から。ガラスの取り付けもほぼ終わっています。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

江戸見坂(東側)から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

南東側から。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

南側から。 8~25階はオフィスフロアです。 積水化学工業は2018年8月21日、「オークラ プレステージタワー」への東京本社移転を発表しました。 入居時期は2019年秋から12月の予定です。 今後入居企業が続々と決まることでしょう。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

高層部の様子。「オークラ プレステージ」の客室は28~40階です。368室が設けられます。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

「オークラ プレステージタワー」(地上42階・高さ188.65m)と「虎ノ門タワーズ オフィス」(地上23階・高さ112.4m)。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

同じ場所から見た「オークラ ヘリテージウイング」(地上17階・高さ75m)。こちらの外観は完成しています。「オークラ ヘリテージ」の客室は6~17階に設けられます。全140室です。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

南西側から見た「オークラ プレステージタワー」。「オークラ プレステージ」の標準客室面積は約50㎡。最大客室面積はメゾネットタイプの「インペリアルスイート」の720㎡です。超VIPが泊まるのでしょうね。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その左手。「オークラ ヘリテージウイング」。「オークラ ヘリテージ」の標準客室面積は約60㎡。最大客室面積は「プレジデンシャルスイート」の256㎡です。隣接する客室と接続すると約320㎡になります。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

その左手。「大倉集古館」の改修・増築工事も進められていました。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

現在、営業中の「ホテルオークラ東京 別館」です。新しいホテルが開業した後も営業を継続するようです。




ホテルオークラ東京 本館建替計画

前回撮影時の内容と比較すると、延べ面積が修正されていました。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る