日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX大阪府豊中市


シエリアタワー千里中央


シエリアタワー千里中央は、関電不動産開発と関西電力が千里中央駅付近(大阪府豊中市新千里東町1丁目)に建設中の地上52階、地下1階、高さ184.92m、総戸数552戸の超高層分譲マンションです。 設計・施工は大林組。 2019年2月下旬に竣工し、同4月に入居が始まる予定です。



2018年4月12日撮影



完成イメージ

[関西電力2014年4月2日付プレスリリースより引用]

商業施設と住宅施設を一棟建物として整備しています。 全体の名称は「SENRITO」です。また、読売新聞大阪本社、讀賣テレビ放送が建設した商業施設の名称は「SENRITO よみうり」、関電不動産開発と関西電力が手がける住宅施設の名称は「シエリアタワー千里中央」です。



住宅施設の概要

名 称シエリアタワー千里中央
計画名(仮称)千里中央超高層タワーマンションプロジェクト
よみうり文化センター(千里中央)再整備事業 住宅施設
所在地大阪府豊中市新千里東町1丁目1番17(地番)
最寄駅北大阪急行線「千里中央」駅 徒歩1分
大阪モノレール線「千里中央」駅 徒歩3分
建築主関電不動産開発株式会社、関西電力株式会社
設 計株式会社大林組 大阪本店一級建築士事務所
施 工株式会社大林組 大阪本店
用 途共同住宅(分譲552戸)、ホール(1戸)
敷地面積3,843.60㎡(登記簿面積)、12,239.48㎡(建築確認対象面積)
建築面積10,353.63㎡(住宅棟:2,027.42㎡、商業棟:8,326.21㎡)
延床面積110,859.24㎡(住宅棟:73,965.21㎡、商業棟:36,894.03㎡)
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造(連結制振構造)
基礎工法直接基礎
階 数地上52階、地下1階
高 さ184.92m
着 工2016年2月
竣 工2019年2月下旬予定(2019年4月入居予定)
備 考 ・事業主(売主・代理):関電不動産開発株式会社
・事業主(売主):関西電力株式会社
・販売提携(代理):住商建物株式会社、ひまわり不動産株式会社、プレジオコーポレーション株式会社、株式会社プロヴァンスコーポレーション、株式会社ライフステージ、株式会社ロイヤル不動産販売
・管理会社:関電コミュニティ株式会社
・総戸数:552戸、他ホール1戸
・間取り:1LDK~4LDK
・住戸専有面積:52.34㎡~277.78㎡
・バルコニー面積:4.26㎡~43.55㎡
・駐車場:361台[機械式:360台、自走式1台]
・借地期間:引渡日より、2090年2月28日まで

※2016年4月1日に関電不動産とMID都市開発が合併し「関電不動産開発」が発足しました。 「シエリアタワー」は関電不動産開発の新しいタワーマンションブランドです。


全体の概要

名 称SENRITOよみうり
計画名よみうり文化センター(千里中央)再整備事業
所在地大阪府豊中市新千里東町1丁目1番17(地番)
最寄駅北大阪急行「千里中央」駅、大阪モノレール「千里中央」駅
建築主商業施設:読売新聞大阪本社、讀賣テレビ放送
住宅施設:関電不動産開発、関西電力
設 計商業施設:日建設計   住宅施設:大林組
施 工商業施設:清水建設   住宅施設:大林組
用 途商業施設、スイミングスクール、住宅(552戸)、駐車場(762台)など
敷地面積3,843.60㎡ (登記簿面積)、12,239.48㎡ (建築確認対象面積)
建築面積10,353.63㎡(住宅棟:2,027.42㎡、商業棟:8,326.21㎡)
延床面積110,859.24㎡(住宅棟:73,965.21㎡、商業棟:36,894.03㎡)
構 造商業施設:鉄骨造
住宅:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階 数商業施設:地上7階、地下1階   住宅施設:地上52階、地下1階
高 さ商業施設:37.14m   住宅施設:184.92m
着 工商業施設I期:2014年4月中旬  商業施設Ⅱ期:2016年2月上旬
住宅施設:2016年3月上旬
竣 工商業施設I期:2015年6月下旬  商業施設Ⅱ期:2017年3月下旬
住宅施設:2019年4月下旬

情報更新日:2018年4月23日

[航空写真はこちら] [公式HPはこちら]



地図

建設地は北大阪急行線「千里中央駅」及び大阪モノレール線「千里中央駅」に隣接しています。



2018年4月撮影

2018年4月12日撮影。「SENRITO よみうり」の奥に姿を現しています。




50階くらいまで建ち上がっているようです。




千里中央駅と合体した商業施設「せんちゅうパル」より。東側からです。




52階建てなのでまもなく上棟ですね。




北東側から。




接近。




地震対策として、大林組独自の連結制振構造(デュアル・フレーム・システム(DFS)」を採用しています。




建設地西側は新御堂筋です。歩道橋が駅と西側にある業務施設や住宅地を結んでいます。




歩道橋から。南方向です。




歩道橋から。北方向です。すでに高さは右奥に見える「ザ・千里タワー」(地上50階・高さ164.2m)を抜いているかもしれません。




公式HPを見ると成約戸数が500戸を超えたそうです。まもなく完売でしょうか。2019年2月下旬に竣工し、同4月に入居が始まる予定です。




前回撮影時と内容は同じです。地上52階、地下1階、高さ184.92mです。写真クリックで拡大画像を表示。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る