日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX鹿児島県鹿児島市


シェラトン鹿児島


シェラトン鹿児島は、南国殖産が鹿児島市高麗町の鹿児島市交通局跡地に新設する地上19階、地下1階、高さ約90m、客室223室の高層ホテルです。 南国殖産が世界最大のホテルチェーンであるマリオット・インターナショナルと契約を締結。 ホテルは南国殖産が所有し、子会社が運営します。 設計は三菱地所設計、内装デザインはメック・デザイン・インターナショナル。 2018年度に着工し、2022年春に開業する予定です。



シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

2019年2月18日撮影。北東側から見た建設地。



完成イメージ

シェラトン鹿児島

[トライシーHPより引用]

シェラトン鹿児島は、九州・沖縄地区では3軒目、日本では10軒目のシェラトンホテルとなります。 付帯施設としてオールディ・ダイニング、レストラン、ロビーラウンジ・バー、約500㎡の宴会場、4つの会議室、チャペル、スイミングプール、フィットネスセンター、スパなどが設けられます。



位置図

キ・ラ・メ・キ テラス

[鹿児島市交通局HPより引用]

建設地は鹿児島市交通局跡地です。 提案公募で南国殖産を代表とするグループ(構成員:医療法人玉昌会、公益財団法人昭和会、ロックス)が優先交渉権者に決定しています。 街区名は「キ・ラ・メ・キ テラス」。 今給黎総合病院(急性期病院)、高田病院(慢性期病院)、分譲マンションなども計画されています。



ホテル概要

名 称シェラトン鹿児島ホテル(英語名:Sheraton Kagoshima)
所在地鹿児島市高麗町43番1
最寄駅市電「武之橋」電停、市電「二中通」電停
建築主南国殖産株式会社
設 計株式会社三菱地所設計
内装デザインメック・デザイン・インターナショナル
施 工
用 途ホテル(客室223室)
敷地面積約25,000㎡(全体)
建築面積
延床面積約22,500㎡(ホテル部分)
構 造鉄骨造、 一部、鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法
階 数地上20階、地下1階、塔屋1階(ニュースリリース:地上19階、地下1階、塔屋1階)
高 さ94.5m(ニュースリリース:最高高さ約90m)
着 工2018年度
竣 工2021年度
開 業2022年春
備 考 [主な施設]
・客室223室(スイート含む)
・多目的機能(宴会場約500㎡、会議室4つ、プレファンクションエリア等)
・その他(チャペル、スイミングプール、フィットネスセンター、シェラトンクラブラウンジ、スパ、ギフトショップ等)
◆南国殖産2017年12月25日付プレスリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2019年2月25日



地図

建設地は鹿児島中央駅の東側1.5kmの地点にあります。 ホテルからは桜島や鹿児島湾(錦江湾)を望めそうです。



2019年2月撮影

シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

2019年2月17~18日撮影。武之橋付近の甲突川(こうづきかわ)右岸緑地の様子。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

その南側に事業地があります。北西側から見ています。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

北側から。まだ更地でした。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)の建築計画のお知らせ

2017年11月9日に設置された「建築計画のお知らせ」がありました。 「(仮称)サービス・ホテル・アネックス棟」(地上20階・高さ94.5m)のほか、「駐車場棟」(地上8階)と「エネルギーセンター棟」(地上4階)が建設されます。 同年12月25日付のプレスリリースでは「シェラトン鹿児島」は地上19階、高さ約90mでした。 写真クリックで拡大画像を表示。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

建設地の北東側に歴史がありそうな建物がありました。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

記念碑には「高麗町交通局跡地」及び「鹿児島市路面電車発祥の地」と書かれています。写真クリックで拡大画像を表示。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

案内板には「鹿児島市交通局 新武之橋変電所」であることが記されていました。大正元年に建てられた建物を移築・整備したそうです。写真クリックで拡大画像を表示。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

その建物付近から見た事業地。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

その左手。左側に「武之橋電停」が見えます。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

南に進みます。中央の建物は、事業地の隣接地で建設中の「エイルマンション高麗町Ⅲ」です。地上15階、総戸数55戸。既に全戸完売しています。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

「シェラトン鹿児島」は2018年度着工なので、2019年3月末までには着工するものと思われます。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

事業地南側では「キ・ラ・メ・キ テラス」の第一弾となる昭和会の「(仮称)今給黎総合病院」の工事が始まっていました。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

起工式は2018年12月7日に執り行われています。仮囲いに透明部分がありました。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

内部の様子。敷地面積は7,300㎡。規模は地上9階、地下1階、延べ面積約24,964㎡。診療科は27、病床数は350の予定です。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

設計は三菱地所設計・東条設計・衞藤中山設計JV、施工は五洋建設です。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

南東側から見た事業地。右側に「二中通電停」があります。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

二中通電停から見た建設中の「(仮称)今給黎総合病院」。 2021年1月に開設する予定です。




シェラトン鹿児島ホテル(Sheraton Kagoshima)

その右側。「シェラトン鹿児島」建設地方面。「シェラトン鹿児島」は2022年春に開業する予定です。





日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る