日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX岡山県岡山市


グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)
岡山市中山下一丁目1番地区第一種市街地再開発事業


ハレクロスタワーは、岡山市中山下一丁目1番地区市街地再開発組合が岡山市北区の桃太郎大通り沿いに建設中の地上21階、地下1階、高さ約73mの複合ビルです。 A棟(21階)とB棟(4階)があり、A棟は1階が店舗、2階がクリニック、3~4階が高齢者施設、5~6階が賃貸住宅、7~21階が分譲住宅になります。 住宅部分の名称が「グレースタワーⅢ」です。 B棟は1階に店舗、2~4階に賃貸住宅を配置。 設計はアーキスコープ、施工は竹中工務店。 B棟は2017年4月に既に完成。 A棟は2018年12月に完成する予定です。



グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

2018年5月10日撮影


建物の愛称が「ハレクロスタワー」、広場の愛称が「はれの広場」、マンション名が「グレースタワーⅢ」です。 両備ホールディングスを含め、5名の組合員で構成された市街地再開発組合が開発を行い、完成後は両備ホールディングスへ売却します。 住宅はA棟の5・6階に賃貸住宅23戸、7階以上に分譲住宅122戸、B棟(地権者所有物)の2~4階に賃貸住宅6戸が設けられます。 合計では151戸です。 分譲住宅122戸は既に完売しています。



概要

計画名岡山市中山下一丁目1番地区第一種市街地再開発事業
所在地岡山市北区中山下一丁目1番101他 2筆(地番)
最寄駅岡山電気軌道「柳川」電停
建築主岡山市中山下一丁目1番地区市街地再開発組合
設 計株式会社アーキスコープ
施 工株式会社竹中工務店
用 途共同住宅、店舗、高齢者施設、駐車場
敷地面積2,681.12㎡
建築面積1,823㎡
延床面積23,684.94㎡(容積対象延床面積:17,763㎡)
A棟:23,205.26㎡   B棟:479.68㎡
構 造A棟:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造   B棟:鉄筋コンクリート造
基礎工法
階 数A棟:地上21階、地下1階   B棟:地上4階
高 さA棟:約73m
着 工2016年1月15日
竣 工A棟:2018年12月予定   B棟:2017年4月6日
備 考総事業費:約75億円

更新日:2018年5月16日

[航空写真はこちら] [組合HPはこちら]



地図

桃太郎大通りと柳川筋がクロスする柳川交差点の南東角が建設地です。 交差点北西角にはグレースタワー(地上32階・高さ108.6m)とグレースタワーⅡ(地上29階・高さ100m)が建っています。



2018年5月撮影

グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

2018年5月10日撮影。岡山駅から桃太郎大通りを10分ほど歩くと建設地に到着します。外観が姿を現し完成間近を思わせます。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

西側から。超低床式路面電車が再開発ビル前を駆け抜けます。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

低層部の様子。右側が既に完成しているB棟です。その左はA棟に付随する建物で、屋上は庭園になります。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

バラエティ豊かな電車が通り過ぎます。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

北側から。右側に足場が残されています。現地の作業工程によれば足場解体工事と仕上げ工事を行っています。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

ベランダは少なめで固定窓が多く、居室からダイナミックな景観を楽しめそうです。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

少し離れました。北東側からです。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

移動しました。南東側の公園から。グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)は、2018年12月に完成する予定です。




グレースタワーⅢ(ハレクロスタワー)

グレースタワーⅢの向かいにはグレースタワー(地上32階・高さ108.6m)とグレースタワーⅡ(地上29階・高さ100m)が今日も聳えていました。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る