日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都港区


新虎通りCORE


新虎通りCOREは、森ビルと大林新星和不動産が東京都港区新橋4丁目に新設した地上15階、地下1階、高さ73.53m(最高74.70m)、延べ面積約17,500㎡のオフィスビルです。 1階に店舗やイベントスペース、2階に店舗、3階にインキュベーションオフィス(600㎡超)を配置。 4~14階のオフィス全区画にクリーク・アンド・リバー社及び同社グループ企業が入居しました。 設計・施工は大林組。 2018年9月26日に竣工し、1~2階のレストラン6店舗は10月18日に開業しました。



新虎通りCORE

2019年3月2日撮影



概要

名 称新虎通りCORE
計画名(仮称)新橋四丁目計画
所在地東京都港区新橋四丁目1番1号(住居表示)
最寄駅JR「新橋」駅、都営三田線「内幸町」駅
建築主森ビル株式会社、大林新星和不動産株式会社
設 計株式会社大林組一級建築士事務所
施 工株式会社大林組
用 途事務所、店舗、駐車場
敷地面積1,523.96㎡
建築面積1,269.45㎡
延床面積17,434.37㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
基礎工法場所打ちコンクリート杭
階 数地上15階、地下1階、塔屋1階
高 さ73.53m(最高74.70m)
着 工2016年8月
竣 工2018年9月26日
開 業2018年10月18日
備 考 ◆オフィス総貸室面積………約10,018㎡(約3,030坪)
◆基準階貸室面積……………約858㎡(約260坪)
◆森ビル2018年9月26日付ニュースリリース(PDF)は→こちら

最終更新日:2018年12月4日



地図

建設地は日比谷通りと新虎通り(しんとらどおり)がクロスする新橋四丁目交差点の北東角です。 なお、新虎通りは、環状二号線の新橋~虎ノ門間の地上部道路の愛称名です。 2014年3月29日に開通しています。



2019年2月撮影

新虎通りCORE

2019年2月24日撮影。南東側から見ています。新虎通りCOREへは都営三田線・内幸町駅から徒歩4分、JR新橋駅から徒歩7分ほどです。




新虎通りCORE

南側から。




新虎通りCORE

1階にエリアマネジメント活動拠点やレストラン、2階にレストランとオフィスエントランスを配置しています。




新虎通りCORE

南西側から。3階には約60~180㎡のインキュベーションオフィスを設置。小規模オフィス空間のほか、共用ラウンジや共用会議室を設けています。




新虎通りCORE

西側から。4~14階のオフィス区画は、基準階面積約860㎡(260坪)、基準階天井高2.8mを確保しています。




新虎通りCORE

北西側から。オフィス全区画には、TV・映像、Web、広告・出版などを手掛ける(株)クリーク・アンド・リバー社とその関連会社が入居しました。




新虎通りCORE

南西側から見上げました。




新虎通りCOREの建築計画のお知らせ

東京都都市整備局の案内板。写真クリックで拡大画像を表示。




新虎通りCOREの建築計画のお知らせ

レストランの案内。多彩な店舗が揃っています。写真クリックで拡大画像を表示。




新虎通りCOREの建築計画のお知らせ

その右上に描かれた施設の概要です。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告





ページの先頭へ戻る