日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

高崎駅東口第九地区第一種市街地再開発事業


ココパルク、東京建物、穴吹興産、日東興産の4社は、群馬県高崎市のJR高崎駅東口近くに地上28階、地下1階、高さ99.95m、総戸数225戸のタワーマンションを建設します。 設計は企画社、施工は清水建設・冬木工業JV。 2017年7月に着工し、2020年2月に完成する予定です。


◆建設通信新聞2017年5月11日付記事は→こちら



(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

2016年3月25日撮影。 ココパルク(群馬県高崎市)、東京建物(東京都中央区)、穴吹興産(香川県高松市)、日東興産(群馬県高崎市)の4社が共同で事業を推進することになりました。



概要

計画名高崎駅東口第九地区第一種市街地再開発事業
(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業 新築工事
所在地群馬県高崎市東町32-1 他
最寄駅JR「高崎」駅
建築主ココパルク、東京建物、穴吹興産、日東興産
設 計企画社
施 工清水建設・冬木工業JV
用 途共同住宅(225室)、駐車場、テナント、ペデストリアンデッキ
敷地面積3,542.91㎡
建築面積
延床面積約36,000㎡
構 造共同住宅棟:プレキャスト・プレストレストコンクリート造(一部RC造)
駐車場棟:S造
階 数共同住宅棟:地上28階、地下1階
駐車場棟:地上7階
高 さ共同住宅棟:99.95m
駐車場棟:―
着 工2017年7月予定(既存建物解体工事2016年7月~)
竣 工2020年2月

情報更新日:2017年5月15日

[航空写真はこちら]



地図



2016年3月撮影

(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

2016年3月25日撮影。新幹線が発着する群馬県の表玄関・高崎駅。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

JR高崎駅東口の様子。中央左は「高崎タワー21」。地上22階、高さ87m。現在、群馬県内で最も高層のマンションです。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

JR高崎駅東口の北側に立つヤマダ電機の「LABI1高崎」。ヤマダ電機の本社ビルを兼ねています。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

その左側のペデストリアンデッキを進んでいきます。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

左は高崎駅、右はヤマダ電機。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

ドンレミーアウトレット高崎店などが入る「ココパルク800駐車場」に突き当たりますがペデストリアンデッキはまだ続いています。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

左は高崎駅、右はココパルク800。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

さらに進んでいくと右側に「ホテルココ・グラン高崎」が見えてきます。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

左は高崎駅、右はホテルココ・グラン高崎。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

その先でペデストリアンデッキは途切れます。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

そのすぐ北側が建設予定地です。ペデストリアンデッキも延長されるようです。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

敷地西側に地上28階建ての共同住宅棟が建設されます。高さは99.95m。高崎市内では高崎市庁舎(地上21階・高さ102.5m)に次ぐ高さになります。また、群馬県内では群馬県庁舎(地上33階・高さ153.8m・前橋市)、高崎市庁舎に続いて3番目に高い建物になります。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

敷地東側には地上10階建ての駐車場棟が建設されます。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

建設予定地を西側から見ています。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

建設予定地とホテルココ・グラン高崎。




(仮称)高崎駅東口第九地区優良建築物等整備事業

2016年3月25日撮影。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る