日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

国立がん研究センター 新研究棟


国立がん研究センター新研究棟は、国立研究開発法人国立がん研究センターが東京都中央区の築地キャンパス内に建設した地上14階、高さ75m(最高80m)、延べ面積33,500㎡の研究施設です。 設計は久米設計、施工は清水建設。 2017年3月に竣工しました。 7月に本格稼働する予定です。



国立がん研究センター 新研究棟

2017年4月4日撮影



概要

計画名国立がん研究センター(仮称)新総合棟新築・解体等工事
所在地東京都中央区築地四丁目23番 ほか
最寄駅都営地下鉄大江戸線「築地市場」駅
建築主国立研究開発法人 国立がん研究センター
設 計久米設計
施 工清水建設
用 途研究所
敷地面積29,944.66㎡
建築面積2,700㎡(18,674.79㎡)
延床面積33,500㎡(184,491.29㎡)
構 造鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造、免振構造
階 数地上14階、地下0階
高 さ75m(最高80m)
着 工2015年5月(予防検診センター解体工事開始:2014年6月)
竣 工2017年3月(本格稼働開始:2017年7月)

更新日:2017年4月13日

[航空写真はこちら]



地図

南東側に「国立がん研究センター中央病院」があります。



2017年4月撮影

2017年4月5日撮影。「国立がん研究センター中央病院」(地上19階・高さ109.8m)。




その北西側に建設されました。




竣工したばかりです。




接近。




北側から。左奥が「国立がん研究センター中央病院」です。




低層部はガラス張りです。




首都高速を跨ぐ采女橋から。




右は「新橋演舞場」が入る「野村不動産銀座ビル」です。




桜は満開でした。桜とビルを絡めて撮りたかったのですが、良い場所がありませんでした。




以下2017年4月4日撮影。北西側から。




「野村不動産銀座ビル」と「新研究棟」。




南西側から。首都高速都心環状線と「新研究棟」。




拡大。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る