日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

スタートラム広島


スタートラム広島は、日本生命と広島電鉄が広島市中区八丁堀に建設した地上16階、高さ80.443m、延べ面積26,134㎡のオフィスビルです。 設計は久米設計、施工は鹿島建設・大林組・広電建設・鴻治組JV。 2017年11月末に完成しました。



スタートラム広島

2017年12月12日撮影



概要

名 称スタートラム広島
計画名広島八丁堀プロジェクト
所在地広島市中区八丁堀16番11号
最寄駅広島電鉄「立町」電停 徒歩1分
建築主日本生命保険相互会社、広島電鉄株式会社
設 計株式会社久米設計
施 工鹿島建設・大林組・広電建設・鴻治組 共同企業体
用 途事務所
敷地面積2,581.12㎡(ニュースリリース:2,581㎡)
建築面積1,775.26㎡
延床面積26,244.53㎡(ニュースリリース:26,134㎡)
構 造鉄骨造(柱CFT)+制振部材
階 数地上16階、地下0階、塔屋2階
高 さ80.443m
着 工2015年12月
竣 工2017年11月30日
備 考・基準階貸室面積:1,146㎡
駐車場:128台

情報更新日:2017年12月30日

[航空写真はこちら]



地図

日本生命所有の「日本生命広島第二ビル」(1970年竣工)と広島電鉄所有の「第二広電ビル」(1962年竣工)の跡地に建設されました。



2017年12月撮影

スタートラム広島

2017年12月12日撮影。南東側から。




スタートラム広島

南側から。




スタートラム広島

南西側から。




スタートラム広島

目の前に広島電鉄「立町」電停があります。




スタートラム広島

既に店舗が開店していました。12月8日に「近畿日本ツーリスト」と「タリーズコーヒー」がオープン。12月17日には「広島銀行八丁堀支店」が右側の出っ張った部分にオープンしました。




スタートラム広島

北西側から。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告





ページの先頭へ戻る