日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

愛知大学 名古屋キャンパス 本館(研究棟)


愛知大学名古屋キャンパス本館(研究棟)は、学校法人愛知大学が名古屋市中村区の再開発エリア「ささしまライブ24地区」に建設した地上20階、地下1階、高さ93.8mの高層キャンパスです。 設計は日建設計、施工は鴻池組。 2017年3月に竣工し、4月に供用開始しました。



愛知大学 名古屋キャンパス 本館(研究棟)

2017年6月5日撮影



完成イメージ

愛知大学 名古屋キャンパス

現地にて2016年1月13日撮影。左側の建物は第1期として建設され、2012年4月に開校しています。



全体概要

計画名名古屋キャンパス名古屋校舎(ささしま)第2期工事
所在地名古屋市中村区平池町四丁目60-6ほか
最寄駅あおなみ線「ささしまライブ」駅
建築主学校法人愛知大学
設 計日建設計
施 工鴻池組
用 途大学
敷地面積4,957.00㎡
建築面積2,299.72㎡
延床面積15,783.81㎡
構 造鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造
階 数地上20階、地下1階、塔屋2階
高 さ93.80m
着 工2014年10月20日(全体工期)
竣 工2017年3月31日(全体工期)
供用開始2017年4月
備 考コンべンションホール:高さ14.35m、600席

情報更新日:2017年6月7日

[航空写真はこちら]



地図



2017年6月撮影

2017年6月5日撮影。北東側から見た本館(研究棟)。名古屋キャンパスには塀などはなく開放的です。




エコボイドと呼ばれる吹き抜けが建物のポイントになっています。




その右手の様子。第1期で建設された講義棟。




北西側から。




南西側から。2階と5階に、本館(研究棟)と既存キャンパスを結ぶ通路があります。




既存キャンパスの様子。中央はモールになっています。モールの右が講義棟、左が厚生棟です。




本館(研究棟)には研究室のほか教室、学生用のスペースがあり、最上階の20階にはスカイラウンジが設置されています。




右側は「グローバルコンベンションホール」です。




名古屋駅前に立つ「ミッドランド スクエア」から見た「ささしまライブ24地区」。最も高い「グローバルゲート」は地上36階、高さ170mです。




本館(研究棟)にズームイン。手前は商業施設「マーケットスクエアささしま」です。


《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る