日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX東京都中央区


武田グローバル本社


武田グローバル本社は、武田薬品工業と武田薬品不動産が東京都中央区日本橋本町2丁目に建設した地上24階、地下4階、高さ123.79m、延べ面積45,578㎡のオフィスビルです。 設計は日本設計、施工は竹中工務店。 2018年3月に竣工しました。 同7月上旬にグランドオープンする予定です。


◆武田薬品工業2018年3月20日付ニュースリリースは→こちら



武田グローバル本社

2018年4月20日撮影



完成イメージ

(仮称)新東京武田ビル

[三井不動産2015年2月6日付ニュースリリースより引用]



武田グローバル本社は、武田薬品工業、武田薬品不動産、三井不動産が共同で推進する「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」の北街区に建設されました。 地下1階から地上2階までに一般の人も利用できるスポーツジム、飲食店、貸会議室が入居。 3階は免震層で、4階以上がタケダグループのグローバル本社になります。

「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」の南街区には三井不動産が地上2階、地下2階の店舗と駐車場及び広場「福徳の森」を整備しました。 設計は日本設計、施工は清水建設。 「福徳の森」の地上部は2016年9月に竣工しました。



概要

名 称武田グローバル本社
計画名(仮称)新東京武田ビル
(仮称)日本橋本町二丁目特定街区開発計画 北街区新築工事
所在地東京都中央区日本橋本町二丁目1番1号
最寄駅東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅、JR「新日本橋」駅
プロジェクトマネジメント三井不動産株式会社
コンストラクション・マネジメント日建設計コンストラクション・マネジメント株式会社
建築主武田薬品工業株式会社、武田薬品不動産株式会社
都市計画・設計・監理株式会社日本設計
施 工株式会社竹中工務店
空間クリエイティブディレクション佐藤可士和
インテリアデザイン総合監修
インテリアデザイン
SAMURAI
用 途オフィス、商業施設、展示スペース、会議室、駐車場
敷地面積2,741.31㎡
建築面積2,217.44㎡(建ぺい率 80.89%)
延床面積45,578.29㎡(容積率 1371.35%)
構 造鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)
中間層免震構造
基礎工法直接基礎方式
階 数地上24階、地下4階、塔屋1階
高 さ123.29m(最高123.79m)
着 工2015年2月6日(地鎮祭:2015年2月6日)
竣 工2018年3月16日(竣工式:2018年3月20日)
グランドオープン2018年7月上旬予定

最終更新日:2018年5月24日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は幹線道路からは奥まった場所にあります。銀座線の三越前駅が最も近いです。



2018年4月撮影

(仮称)新東京武田ビル

2018年4月20日撮影。北西側から。




(仮称)新東京武田ビル

北東側から。2018年3月16日に竣工し、3月20日に竣工式が執り行われました。




(仮称)新東京武田ビル

南東側から。




(仮称)新東京武田ビル

建物の南東側に13階建てマンションが建っています。その手前は再開発の一環で建設された芽吹茶屋(めぶきちゃや)です。




(仮称)新東京武田ビル

南側から。




(仮称)新東京武田ビル

南側低層部。「福徳の森」です。




(仮称)新東京武田ビル

その右手。芽吹茶屋。




(仮称)新東京武田ビル

福徳の森から見上げました。




(仮称)新東京武田ビル

1階には「はせがわ酒店」と「台湾ティーカフェゴンチャ」がテナントとして入居するほか、展示スペースが設けられます。 地下1階にはコンディショニングクラブ「TIPNESS 日本橋 STYLE(ティップネス ニホンバシ スタイル)」が入ります。




(仮称)新東京武田ビル

南西側から。今回の武田グローバル本社の竣工により、「日本橋本町二丁目特定街区開発計画」は全て完了しました。




(仮称)新東京武田ビル

西側低層部。2018年7月上旬にグランドオープンする予定です。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る