日本の超高層ビル

TOP建設中・計画中INDEX愛知県名古屋市


グランドメゾン御園座タワー


グランドメゾン御園座タワーは、積水ハウスが名古屋市中区栄1丁目に建設した地上40階、地下1階、高さ150m、総戸数304戸の超高層分譲マンションです。 低層部は劇場や店舗になります。 監修は隈研吾建築都市設計事務所、設計・施工は鹿島建設。 2017年12月に完成しました。



2018年2月3日撮影



1階は食のテーマパーク「御園小町」です。 2017年12月にオープンしています。 2~4階が「御園座」です。 座席数は1,299席(車いすスペース含む)。 歌舞伎のほか、ミュージカルなども可能です。 2階には「演劇図書館」も設置されました。 2018年3月28日に新装開場式典が開かれ、4月1日~25日の「柿葺落四月大歌舞伎」がこけら落とし公演となりました。

5~40階は積水ハウスの分譲マンション「グランドメゾン御園座タワー」(304戸)です。 間取りは2LDK~4LDK、専有面積は60㎡台から。 30階以上の高層階は100㎡以上、39、40階の最上層には200㎡以上のプランが設けられています。

施設全体の名称は「御園座タワー」です。



概要

計画名(仮称)栄一丁目御園座共同ビル計画
所在地名古屋市中区栄1丁目602番3他(地番)
名古屋市中区栄1丁目6番15号(住居表示)
最寄駅地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅 徒歩1分
建築主積水ハウス株式会社
監 修株式会社隈研吾建築都市設計事務所
設 計鹿島建設株式会社
施 工鹿島建設株式会社
用 途劇場、店舗1区画、分譲マンション(304戸)、駐車場
敷地面積4,831.90㎡
建築面積3,641.04㎡
延床面積56,128.96㎡
構 造鉄筋コンクリート造、制振構造、一部鉄骨造
階 数地上40階、地下1階、搭屋2階
高 さ150m(ヘリポートの高さ約160m)
着 工2015年4月1日
竣 工2017年12月予定
入 居2018年1月予定
備 考労災保険関係成立票の事業の期間:2015年4月1日~2018年1月22日

最終更新日:2018年2月7日

[航空写真はこちら]



地図

建設地は地下鉄・東山線と鶴舞線が交差する「伏見」駅の近くです。



2018年2月撮影

2018年2月3日撮影。北東側から。手前は伏見通です。




「御園座」が超高層マンションと一体化した劇場に生まれ変わりました。




低層部は「なまこ壁」が印象的です。




東側から。高層部も落ち着いた外観です。




南東側から。マンションの入居は2018年1月に始まっています。




都心部の中区では最も高層のマンションです。




白川公園にて。名古屋市科学館とのショット。




接近。北東側からです。




1階には「御園小町」が2017年12月17日にオープンしています。コンセプトは「食のテーマパーク」だそうです。




「御園小町」の様子。




「御園座」入口の様子。大階段とエスカレーターが設けられています。




その右手。




そのさらに右手の様子。




南東側から。




同じ場所から見上げました。




「御園座」は4月に「柿葺落四月大歌舞伎」で幕を開け、5月は「スーパー歌舞伎Ⅱ(セカンド)『ワンピース』」、6月は「滝沢歌舞伎2018」、7月は「舟木一夫特別公演」と続きます。




その左手の様子。




南西側から。




少し離れました。




もう少し離れました。




西側から。




北西側から。


《過去の写真はこちら》




日本の超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層ビル

超高層ホテル

超高層マンション

リンク

広告



ページの先頭へ戻る