日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区


三井不動産が代表施行者として建設する、東京都江東区の「(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区 AC棟」が、2016年12月1日に着工しました。 「AC棟」は地上36階、地下2階、高さ180m。 用途は、事務所、店舗(物販・飲食)、ホテル、自動車車庫、エネルギー供給施設。 都市計画・基本計画・監理は日建設計、設計・施工は大成建設。 2020年4月に竣工し、ホテルは2020年6月下旬、商業施設は2020年度上期に開業する予定です。

なお、同じ敷地には地上24階、地下1階、高さ125mの「B棟」も建設されます。 用途は事務所、自動車車庫。 2017年12月の着工、2020年度下期の竣工を目指しています。


◆日刊建設工業新聞2016年12月2日付記事は→こちら
◆三井不動産2016年12月1日付ニュースリリースは→こちら



完成イメージ

[三井不動産2016年12月1日付ニュースリリースより引用]
東側から見ています。手前の建物は「アーバンドックららぽーと豊洲」です。



概要図

[三井不動産2016年12月1日付ニュースリリースより引用]
東京メトロ有楽町線「豊洲駅」とは地下で直結します。A棟の33~36階には三井不動産グループ直営のホテル(約225室)が入ります。



配置図

[三井不動産2016年12月1日付ニュースリリースより引用]
ゆりかもめ「豊洲駅」~「豊洲シビックセンター」~「計画地」~「アーバンドックららぽーと豊洲」がデッキで結ばれます。



豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 概要

計画名豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業
所在地東京都江東区豊洲二丁目地内
最寄駅東京メトロ有楽町線「豊洲」駅、ゆりかもめ「豊洲」駅
施工者三井不動産(代表施工者)、江東区(共同施工者)
参加権利者IHI、江東区、東京消防庁
施工地区面積約3.4ha


2-1街区 概要

計画名(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業 2-1街区
所在地東京都江東区豊洲二丁目15番12
最寄駅東京メトロ有楽町線「豊洲」駅、ゆりかもめ「豊洲」駅 直結
建築主三井不動産(代表施工者)
設 計大成建設
施 工大成建設
棟 別AC棟B棟EV棟交番棟地下鉄
出入口棟
合計
用 途・事務所
・店舗
(物販・飲食)
・ホテル
・自動車車庫
・エネルギー
 供給施設
・事務所
・自動車車庫
・昇降機・巡査派出所・地下鉄
 出入口
敷地面積19,127.66㎡8,055.22㎡43.55㎡90.30㎡515.32㎡27,831.65㎡
建築面積9,300㎡3,640㎡13㎡50㎡256㎡13,259㎡
延床面積185,830㎡72,590㎡25㎡89㎡216㎡258,750㎡
構 造鉄骨造
階 数地上36階
地下2階
塔屋1階
地上24階
地下1階
塔屋1階
地上2階地上2階地上1階
地下1階
最高高さ180m125m10m7m7m
着 工2016年
12月1日
2017年
12月予定
(既存建物)(既存建物)
竣 工2020年
4月予定
2020年度
下期予定
(既存建物)(既存建物)
備 考 ◆ホテルオープン:2020年6月下旬予定
◆商業施設オープン:2020年度上期予定

2-2街区/江東区豊洲シビックセンター 概要
用途:出張所、ホール、レクホール、会議室、図書館、駐車場等
敷地面積:3,300.02㎡/建築面積:1,945.37㎡/延床面積:15,537.72㎡
構造:鉄骨造、一部鉄骨鉄筋コンクリート造、および鉄筋コンクリート造
階数:地上12階、地下1階、塔屋1階
高さ:69.67m
2013年2月着工/2015年1月竣工/2015年9月24日開業
建築主:江東区
設計:日建設計
施工:鴻池組・多田建設・増工務店 建設共同企業体

2-3街区/東京消防庁深川消防署豊洲出張所 概要
用途:消防署、共同住宅
敷地面積:3,125.00㎡/建築面積:976.59㎡/延床面積:7,840.58㎡
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
階数:地上14階、地下1階、塔屋1階
高さ:53.80m
2014年6月着工/2016年10月竣工予定/2016年6月21日業務開始
建築主:三井不動産
設計・施工:三井住友建設

最終更新日:2016年12月2日

[航空写真はこちら]



地図



2016年11月撮影

2016年11月26日撮影。豊洲駅前に立つ「豊洲センタービル」(地上37階・高さ165m)と「豊洲センタービルアネックス」(地上33階・高さ147.42m)。




その南西側に建設地があります。「江東区豊洲シビックセンター」のデッキから。




その左手の様子。建設地の北西側(写真奥)に大型商業施設「アーバンドックららぽーと豊洲」があります。




そのさらに左手の様子。起工式用のテントが設置されていました。起工式は2016年12月1日に執り行われています。




そのさらに左手の様子。中央左は「2-3街区」に建設された「東京消防庁深川消防署豊洲出張所」です。




建設地の南西側は「区立豊洲公園」です。




「豊洲公園」側から見た建設地。




その右手の様子。「豊洲シビックセンター」や「深川消防署豊洲出張所」があります。




「2-2街区」に建設された「豊洲シビックセンター」は、地上12階、地下1階、高さ69.67m。2015年9月24日開業。




「深川消防署豊洲出張所」は、地上14階、地下1階、高さ53.80m。2016年6月21日業務開始。深川消防団第10分団本部の消防職員待機宿舎も兼ねています。




晴海大橋から見た豊洲の街並み。手前は晴海運河です。




アップで。建設地は中央です。「AC棟」は高さ180m。左側に見える「豊洲センタービル」を15mほど上回ります。




(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

「2-1街区」の建築計画のお知らせ。2016年11月26日撮影。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

旅館業営業計画のお知らせ。2016年11月26日撮影。ホテルは「A棟」の上層部(33~36階)に設置されます。最上階にはスパ(大浴場)も計画されています。ホテル名は「三井アーバンホテル豊洲」または「三井アーバンホテル豊洲プレミア」でしょうか。2020年東京五輪直前の2020年6月下旬に開業する予定です。写真クリックで拡大画像を表示。




(仮称)豊洲二丁目駅前地区第一種市街地再開発事業

「配置図」「敷地図」及び「2-1街区全体面積表」。2016年11月26日撮影。前回撮影時と内容は同じです。写真クリックで拡大画像を表示。



《過去の写真はこちら》




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告



ページの先頭へ戻る