日本の超高層ビル

HOMENEWSTOPICS

ザ・青葉通レジデンス(THE AOBADORI RESIDENCE)


ザ・青葉通レジデンスは、三井不動産レジデンシャル、野村不動産、住友不動産の3社が仙台市青葉区一番町2丁目に建設した地上24階、地下1階、高さ79.8m、総戸数251戸の分譲タワーマンションです。 設計・施工は大林組。 2015年1月に竣工しました。



THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

2017年9月9日撮影



概要

計画名
所在地宮城県仙台市青葉区一番町2丁目9-1(地番)
最寄駅 仙台市地下鉄東西線「青葉通一番町」駅 徒歩3分
仙石線「あおば通」駅 徒歩9分
仙台市地下鉄南北線「仙台」駅 徒歩11分
建築主三井不動産レジデンシャル、野村不動産、住友不動産
設 計大林組
施 工大林組
用 途共同住宅(251戸)
敷地面積4,161.85㎡
建築面積1,716.25㎡
延床面積24,180.16㎡
構 造鉄筋コンクリート造
基礎工法
階 数地上24階、地下1階
高 さ79.8m
着 工2013年5月1日予定
竣 工2015年1月(大林組HPでは2015年3月)
備 考 ■売主:三井不動産レジデンシャル
■売主・販売代理:野村不動産
■売主:住友不動産
■販売代理:三井不動産リアルティ東北

更新日:2017年9月11日

[航空写真はこちら]



地図

2010年11月30日をもって閉館した「仙台エクセルホテル東急」の跡地に建設されました。最寄り駅は東西線「青葉通一番町駅」です。



2017年9月撮影

THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

2017年9月9日撮影。南東側から。地上24階、地下1階、高さ79.8m、総戸数251戸です。




THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

南西側から。三井不動産レジデンシャル、野村不動産、住友不動産という大手不動産会社3社が共同で建設しました。




THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

西側から。設計・施工は大林組です。仙台のタワーマンションは大林組が手広く手掛けています。




THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

北西側から。建物は上から見るとEの形をしています。




THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

マンションの北側はケヤキ並木に覆われた青葉通りです。




THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

マンション西側に仮囲いに囲まれた敷地があります。写真中央です。




THE AOBADORI RESIDENCE(ザ・青葉通レジデンス)

拡大しました。晩翠草堂前交差点の南東角には何が建つのでしょうか。




ザ・青葉通レジデンスの建築計画のお知らせ

「第二ナカノビル」が「NF青葉」に生まれ変わるようです。「NF青葉」は地上9階、地下0階、高さ35.50mの店舗・事務所付共同住宅(42戸)です。完了予定は2018年8月31日。写真クリックで拡大画像を表示。




超高層ビル

建設中・計画中の超高層ビル

超高層マンション

超高層ホテル

リンク

広告

ページの先頭へ戻る